月に何回かのベジタリアンで健康

子供のころの学校給食で食パンが出されることがありました。

健康のためのカビの生えた食パンの食べ方

月に何回かのベジタリアンで健康
子供のころの学校給食で食パンが出されることがありました。食べられなくてつい机に入れておくことがあります。すぐに持って帰ればよいですが、少し忘れると大変なことになっています。カビがたくさんついていてびっくりしたことがあるかもしれません。さすがにカビだらけになったものは食べられません。ではどれくらいなら食べられるかです。

日常的には、食パンの一部分にカビらしきものがついている状態を認識することがあります。色が変色していることでそれがわかります。そのほかの部分は特に変化はありません。多くの人が行うのは、変色した部分のみを切り取り、トーストなどにして食べることです。しかしこれは健康には良くない食べ方です。もしかすると、カビを食べているかもしれません。

カビは、見えている部分と見えていない部分があります。どんどん根を張って増えていきますが、この根の部分は見えないことがあります。少しカビが認識できるとき、すでにかなり根を張っている可能性があります。この場合、変色した部分のみを捨てるのではなく、まずその一枚すべてを捨てます。さらに、そのパンが入っていた袋に入っていたものも捨てないといけません。その他のパンにも影響している可能性があるからです。

おすすめ情報

  • 胃がんについてはこちらのサイトが便利です。


Copyright(c) 2017 月に何回かのベジタリアンで健康 All Rights Reserved.